そばかす 原因 違い シミ

シミとソバカスの違いとは

 

 

シミ・ソバカスといったように表記されることが多く、
どちらも紫外線が影響していたりしているので、
何が違うのかよくわからないという方も多いと思います。

 

シミとソバカスは見た目の違いはほとんどないのですから、無理もないですよね。
紫外線が影響していることや生成サイクルなどはほとんど同じなのですが、
シミとソバカスは全く別物です。

 

シミは、メラニン色素が増えて、加齢とともに目立ってきます
20代後半から気になる方が多くなってきます。
シミが現れる場所は、ほほや額、眼の周りなどです。
一方そばかすは5〜6歳くらいの幼少期から、
思春期までの間に発生することが多いです。
目の周りや頬に出来やすく、ウズラの卵のような模様から別名雀卵班とも言われています。
肩や背中、胸元などにできる方もいます。
遺伝性が強く、両親のどちらかにそばかすがあるとできる方が多いようです。

 

そばかすはシミに比べると大きさが細かく、散らばるようにできますし、
色白の人によく見られるのもシミと違うところです。
シミは紫外線や加齢など後天的な要因が多いものですが、
そばかすは遺伝などの先天的な要因が多いのです。
シミは加齢によって増えていくことが多いのですが、
そばかすはシミとは逆で大人になれば薄くなって目立たなくなる場合がほとんどなんです。

 

シミもそばかすも紫外線が大敵です。
しっかりとした対策が望まれます。

 

最近はそばかすが可愛いと言われているそうで、
そばかすメークなどが人気だそうですよ。